忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

津軽海峡フェリー大函航路・大函丸 (函館市港町/大間町大間)

(一般国道279号の函館側末端部・末広町フェリー岸壁の続き)

翌日函館駅前から、津軽海峡フェリーの大函航路に乗船しています。


シャトルバスで七重浜方面にある津軽海峡フェリーのターミナルへ。
ここまでは、いわゆる「海上国道」としては指定されていないようです。



それでは大函丸へ。人は徒歩で自動車と同じデッキから乗船というものでした。
隣に休航中のナッチャンworldが停泊していたようです。


函館山を背後に大函丸は函館港を離れ、大間へ向けて津軽海峡を横断。


函館の街は見えなくなり、亀田半島も遠くなってきました。


下北半島に近づくころは生憎の雨模様。風も出て船は大きく揺れる状態でした。これもまた船旅のひとつなのでしょう。


90分ほどで無事大間ターミナルへ。下北半島から見ると、ずっと函館という場所は近いものです。この先は下北交通の路線バスに乗り換え、大畑経由で下北半島を南下、下北駅へ向かいました。

2015年9月8日乗船
PR

岬巡りのバス (室戸市室戸岬町)

正月に四国へ渡ったのですが、ルートの一つとして阿佐海岸鉄道と室戸岬巡りをしてきました。


阿佐海岸鉄道の終点甲浦駅から、高知東部交通の路線バスで国道55号を南下。車窓には太平洋を臨みながら一路岬へと進みます。南紀で見たような南国の海の装いでしょうか、そんな感想を抱いています。点在する魚港には釣舟(ここでは鰹でしょう)が目立ちます。日本海側との相違をひとつひとつ確かめるような車窓の眺めでした。

 
室戸岬の先端あっけなく通過、その先でバスの車窓から岬の全容を眺めることができました。
典型的な隆起による海岸段丘の室戸岬の様子が良く見て取れます。構造線に対して直交しているためなのか、海岸線に対してはそこまで山地の険しさは感じなかった道中ですが、一度訪れてみたかった室戸岬。正月の晴天に恵まれよいバス旅となりました。

2018年1月2日乗車

 
おまけその1
甲浦駅の終わり方があまりにも唐突すぎて、ほんとうにこの先に計画があったのかと思わされます。DMVによる室戸岬方面へのバス直通が計画されているそうですが。

 
おまけその2
阿佐海岸鉄道と乗り換えになる海部駅(牟岐線)の北側にあるトンネル。
いわゆるトマソン的なもので有名になったものですが、ここも訪れてみたい場所の一つでした。

近鉄奈良線枚岡駅と生駒山地越えの勾配 (東大阪市出雲井町)

翌朝は上本町の宿から、近鉄奈良線で枚岡駅へ移動しています。

上町台地の地下ホームから、大阪平野を高架で横断した近鉄奈良線が、生駒山地を越えるために急勾配で駆け上がる様子がよく観察できました。


標高約50mの枚岡駅。東進していた奈良線は生駒山地の裾野を一旦北進して標高を稼ぎ、新生駒トンネルを経て奈良盆地へと鉄路は続いています。


標高約106mの石切駅まで、最大35.7‰の急勾配。
その背後には、大阪平野側が断層崖である典型的な傾動地塊の生駒山地が聳えます。


下り勾配を降りてくる近鉄電車がちょうど通りかかりました。

2017年2月18日訪問。


カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]