忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   
カテゴリー「千葉県」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

道の駅富楽里とみやま/富津館山道路ハイウェイオアシス富楽里(富山PA)のパーキング部 (南房総市二部)

房総半島の南部に「富楽里とみやま」という道の駅があるのですが、併設して自動車専用道路である富津館山道路(東関東自動車道館山線に並行する一般国道127号の自動車専用道)のパーキングエリア・休憩施設としても機能する「ハイウェイオアシス」があります。


一般道からは道の駅そのものなのですが、



富津館山道路には休憩施設を示すPにハイウェイオアシスと明示されています。
ハイウェイオアシスとは、高速道路等の休憩施設に連結した道路区域外の施設のことを指します。


道の駅の傍を盛土で通る富津館山道路ですが、


その先のスロープには「これより先は自動車専用道路の為自転車バイク等の進入は出来ません」の警告。つまりこの柵の向こうは一般道ではなく自動車専用道扱いとなります。


富津館山道路からハイウェイオアシスのパーキングに流入。道の駅の裏口になるのですが、高速道路のPAそのものです。


公団ゴシックによる「本線」


ハイウェイオアシス内の高速バス停留所には、自動車専用道路を示す緑地に白抜きで「高速バス乗場」フォントがナールでした。
道の駅側の一般道に停留所がある路線バスは、白地に青字にナールで「路線バス乗場」


PA内なので自由に歩行はできますが、ランプの先にはすぐ自動車専用道が通ります。


実は富津館山道路のPAとしては未整備(2017年度整備予定)とのことで、先行でハイウェイオアシスとして道の駅と一体で整備したとのことです。

2014年2月23日訪問


大きな地図で見る
PR

燈籠坂大師の隧道 (富津市萩生)

内房には地質的な条件もあり、特色のある隧道が多数現存しますが、その一つに富津市萩生にある「燈籠坂大師」の参道にもなっている素掘り隧道があります。



127号沿いに参道の門がありますが、ここが「燈籠坂大師」参道の入り口となります。


燈籠坂大師入口の案内と小さな素掘り隧道。


その先を進み、西へ折れると「燈籠坂大師の隧道」がありました。


幅に対して極端に高さがあり、円状ではなく矩形である異様な光景です。
海底に沈殿した堆積岩の縞模様がくっきり表れていました。


隧道の先に鳥居が見えましたが、両側が垂直に切り立った岩壁が非常に不思議なものです。


この隧道を抜けると燈籠坂大師の本堂への階段が続いています。


この角度からだと極端な隧道の形状が誇張して見えます。

 
竣功の年月は不明ですが(おそらく明治初頭)、当初は中央部で前後に勾配を持つ隧道であったそうです。
その後昭和初期に路面を掘り下げて現在のこの形状になったとのことで、現127号城山隧道が竣工する以前の旧道にあたります。 


富津市のホームページでも観光スポットとして紹介されています。

2014年2月16日訪問

場所はこちら

大きな地図で見る

銚子のあぶらぼうず (銚子市犬吠)


先日友人と銚子電気鉄道に乗るために銚子へ。

銚子は学生の時に巡検(農業地理学)で廻った街なのですが、その時に銚子電気鉄道を利用したので実に18年ぶりの乗車でした。

終点の外川より犬吠まで散策、昼食に何を食べようかと巡っていたら、せっかくの銚子なので犬吠駅近くの回転鮨で昼食を食べようということになりました。


そこでみかけたのが「あぶらぼうず」の鮨です。


へえ、あぶらぼうずが廻っているなんて珍しいと思い早速注文したのですが、たしかあぶらぼうずは食品衛生法云々・・というおぼろげな記憶がありました。

wikiによれば確かに摂取が制限されている旨がありました。

実際には食用にもなるのですが、特に銚子で水揚げされたあぶらぼうずは高級品として扱われている、小田原では「おしつけ」の名で知られているなどの知る人ぞ知る存在の魚類のようです。


あぶらぼうずを初めて食べてみたのですが、感想としては、刺身よりも煮付のほうが旨く調理できそうな印象です。味は養殖カンパチのハラスを少し歯ごたえを持たせた食感で、さすがに脂っこさがキツイかな、といったところです。

脂質・グリセリド分解の体質的に弱い人にとっては消化不良を起こすおそれのある食材のようですが、鮨ネタとして珍しいあぶらぼうずが食べられたことが収穫の銚子でした。




カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[08/19 情報漏洩]
[08/04 名無しのリーク]
[06/21 名無しのリーク]
[06/18 情報漏洩]
[06/22 NONAME]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]