忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   
カテゴリー「山形県」の記事一覧

西田川郡温海町役場新設移転に伴う羽越線複線新線対応アンダーパス (鶴岡市温海戌) #暫定単線

旧温海中学校跡地へ1993年に移転した西田川郡温海町役場(現鶴岡市温海庁舎)は、羽越線の傍にあるために鉄道を潜る形で、庁舎駐車場から旧7号へ出ることのできるアンダーパスがあります。

 
庁舎側からの一方通行での運用のようです。


国土地理院空中写真より(1977)
旧温海中学校のグランドがあった場所に、現在は役場庁舎および駐車場があります。


庁舎駐車場側より。駐車場より退出する一方の表示があります。
さてこの構造物の特異なポイントなのですが、


google earthより
アンダーパスのコンクリート構造が、鉄道(単線)よりもずっと大きなもの(複線)になっていることです。




鉄道に対してアンダーパスのコンクリート覆部が長いため、上部に空間があります。


その答えなのですが、羽越線の複線化事業が凍結中止となった小岩川-あつみ温泉間の新線(複線断面の宮名トンネル)に接続できるようになっている構造であるということです。

 
この用地のすでに国鉄→JRの用地となっていて、そこを行政として公用地扱いで使用しているといったところでしょうか。鉄道信号が、将来の複線化を見越して少し離れた場所に設置してありました。

 
あつみ温泉駅側の複線新線用地は空いているままです。


羽越線の複線化工事が中止になったのが1983年ですが、その時点で宮名トンネルは完成しています。温海町庁舎の竣工は1993年で、アンダーパスも同時に設けられましたが、このタイミングで将来の複線新線切り替えに備えた構造物が建設されていたことになります。

ただし現在も新線への切り替えは実現していません。

2018年9月12日撮影


PR

鼠の異体字・方言字 (鶴岡市鼠ヶ関) #ノ鼡

奥羽三関である鼠ヶ関は、越後側の境界にある古代鼠ヶ関と北側の近代念珠ヶ関(どちらもねずがせきと読む)とに時代で分かれるのですが、とりわけ江戸街道の整備以降である近代念珠ヶ関が知られており、鼠ヶ関は明治22年の町村制で念珠ヶ関村の役場所在地として存在していました。


越後・出羽の境界にある古代鼠ヶ関址碑。


問題は「鼠」の字です。異体字の「鼡」にノの字が一画目に加えてある点です。
フォントとしては存在しない字なので、いわゆる方言字になるのでしょうか。


近代念珠ヶ関跡傍にある7号鼡ヶ関交差点。異体字の鼡です。


鼠ヶ関駅の看板も鼡です。(正式なJR鼠ヶ関駅は鼠です)


鼠という字は書きにくい字なので、略字としての異体字、鼡を用いることがあるのですが、鼠という字の一画目、臼部がノであるため、このノを足した鼡が書き文字として今も用いられているのをみかけます。


このノを書き加えた鼡、古くから使われた字ではないと思われます。
伊能図など古典地図や五體字類には出てこない字です。
鼠ヶ関の南側(場所としては越後)に鼠嚙岩(ねずみかじりいわ)という難所があるのですが、ここに羽越線の隧道が開削されたときにノを書き加えた鼡嚙隧道と名称がつけられており、同様に鉄道関連で鼠をこの字でサボ等を書かれていた時代があるようです。(現在のものは鼠に統一)
果たしてこの方言字の発祥はどこからなのでしょうか。

姥湯の索道 (米沢市大沢姥湯)

阿武隈川水系となる米沢八湯の最奥部、板谷より登ること標高1300mに位置する秘湯の一軒宿姥湯温泉「枡形屋」には、宿までの沢を渡る箇所に索道があり、主に宿泊客の手荷物や宿の食材等を運ぶために古くから利用されているようです。

 
最奥地の一軒宿姥湯温泉。背後には大日岳の旧噴火口に湧出する含硫黄酸性泉の源泉と露天風呂というロケーション。


この日の宿泊客の荷物を積んだ「籠」が、対岸より索道を伝ってくる場面を見ることが出来ました。


索道を伝った籠が宿の入口に届き、荷物を運ぶようです。


沢の対岸までは高低差がいくらかあります。



メインケーブルからぶら下がる簡単な構造の籠。前後に固定されたワイヤーを引っ張ることによって動かしているようです。


メインケーブルが張られた対岸。ここから籠に載せて宿に運ぶ仕組みでした。


滑車を介してワイヤーを巻き取る装置で籠を動かすようですが、

 
エンジンでも電動でもなさそうなのですが、動力は手動なのでしょうか。

2015年4月28日訪問

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]