忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   
カテゴリー「新潟県」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羽越線金塚駅東口の駐輪場と一般国道7号 (新発田市下小中山)

一般国道7号の路線と並行したJR羽越線金塚駅には、道路に面した形で東口のエントランスと駐輪場が設置されています。

 
県道と国道7号との「金塚駅前」丁字路。


駐輪場の屋根と一体になった金塚駅のエントランスの先は、すぐにホームへ直接上がることができる構造。


このように国道7号との位置関係は、駅が直ぐ脇に存在しています。


さてこの駐輪場、「建設省」の表示があります。

  
つまりこの駐輪場は、旧建設省が管理する道路ということでしょうか。


用地境界の杭がありました。駐輪場の敷地とU字溝を挟んでこちらは「駅」です。


U字溝までは「道路」です。つまり金塚駅東口入口は国土交通省管轄の直轄国道、一般国道7号ということです。


U字溝が曲げられていることから、元々の境界は直線であったものと思われますが、この駐輪場が設置されたのが昭和50年代以降(1977年の空中写真では存在しない・特に銘板らしきものは確認できず)で、当時の加治川村で金塚駅東口に駐輪場を設置した際に「道路の一部」として用地を用確保したものなのでしょうか。

元々金塚駅には東口は存在せず(金塚の村は西側に存在)、昭和42年の複線化で上り方面のホームを増築しています。東口の設置は複線化以降で、その時点では一級国道7号改良の現行ルートは開通していました。(※新発田中条間の一般国道7号現ルートは昭和40年に新設されたもので、当初の国道は参勤交代の街道筋に起源をもつ東側の山中を通る貝屋・大桜峠経由)

一級国道7号改築に関しては昭和35年にはルート決定しており、羽越線の複線化はその後で東寄りに増線をしている関係から金塚駅東口の用地そのものが無かったため、国道の用地(歩道の一部)を利用して駐輪場および駅の入口を設置した、と考えるのがよいのでしょうか。


カシミール3Dによる地理院地図

2016年4月12日観察
PR

内浦の見え方(粟島浦村内浦)

海府浦(本土側)より、約20km西に位置する粟島の見え方を検証してみました。


内浦(東側の対岸)の見え方。島の構造物の存在を確認することは可能です。
目線の高さは標高7m程度の位置になります。


肉眼で確認できる白い建造物。集落部はカメラで拡大してようやく認識できるほど。


見えているのは、右側にある4階建の汽船のりば・観光案内場と、左側の粟島浦村立小中学校の校舎です。

 
粟島港からは防波堤に遮られて蒲萄山塊の山並みが見えるのみでした。


 
カシミール3D+1/200,000より

2015年6月20日渡島

粟島浦の扇状地形 (粟島浦村内浦)

粟島浦には年間を通して水流のある河川が30ほどあるとのとこですが、河川による扇状地形と思える箇所が内浦にありました。


小河川の流路に蓋をしたいわゆる「暗渠」。人為的な河川の流路です。


集落内を通る道路が河川を跨ぐ場所は、橋の構造というよりはコンクリートの蓋を取り付けて、乗り上げて越えるような形状です。おそらくこの河川の位置する箇所が周りよりも若干標高が高いのかもしれません。


カシミール3D+10mメッシュ標高データ+地理院地図より。
等高線の形状が谷の向きと逆になっていますので、この河川による堆積の地形と見ることが出来そうです。


内浦の集落は、扇状地形の平坦地に立地したのでしょうか。

2015年6月20日渡島


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]