忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

鶴見線国道駅の駅便 (鶴見区生麦)

その名の由来でもある第一京浜(現一般国道15号・大正国道1号)を跨ぐように、昭和5年に鶴見臨港鉄道として高架建築で建設された鶴見線国道駅は、建設当時の昭和初期の佇まいを今に残す駅の一つです。


東海道線(京浜東北線)鶴見駅から海芝浦などの臨海部とを結んだ鶴見臨港鉄道線。国道駅も高架でありながらカーブを描く相対2面のホームをもった構造です。

 
改札のあるホーム高架下の空間。線形に沿って緩やかなカーブが続きます。


国道駅のトイレも高架下改札横にあります。


どうやら男女共用の構造、つまり入口が一箇所だけのようです。


かつては便器の無いコンクリートのみの構造だったのでしょうか。


清潔に保たれてはいますが、男女共用という点も良くも悪くも昭和初期の駅の名残とも言えます。京浜工業地帯の駅、という部分もあるのでしょう。

2013年5月26日訪問


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]