忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

数河峠国道開通記念碑 (飛騨市古川数河)

国道41号を高山から富山方面へ走行している時に、途中の数河(すごう)高原に国道開通記念碑があるのを見かけました。


國道開通記念碑 建設大臣 西村英一 書  とあります。

どうやら数河峠のルートが昭和41年に道路改良され国道41号となったことを記念する碑のようです。
西村英一氏は、当時の佐藤栄作内閣での建設大臣です。


カシミール3Dより(1/200,000) 一部加筆

昭和41年に数河峠ルートとなった41号、その以前の国道は南側の神原(かんばら)峠を通るルートだったようです。車道としては神原峠が古く、明治期に荷車道が開鑿、大正時代には隧道(神原隧道)が建設され、高山-富山を結ぶ主要道路として位置していたようです。


41号は当初二級国道155号名古屋富山線としての指定でした。昭和28年に国道指定後、昭和34年に「国道41号」として一級国道に昇格しています。(欠番となった155号はその後愛知県内の別路線に指定されています)

飛騨地方は地形的に交通面で他地域との繋がりが険しく、独特の文化が発展した地域です。昭和9年高山本線の開通が「飛騨の夜明け」とも称され、平成9年の安房峠トンネル(安房峠道路・中部縦貫道)が「第二の夜明け」とも言われています。現在では東海北陸道、中部縦貫道の一部延伸により道路事情は格段に発展していますが、高規格道路以前の幹線国道として飛騨地方を貫いた41号の歴史も趣深いものがあるようです。

2014年7月28日走行
(つづく)



大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[09/15 Jack]
[09/08 名無しのリーク]
[08/19 情報漏洩]
[08/04 名無しのリーク]
[06/21 名無しのリーク]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]