忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

福島市道路元標 (福島市上町)

福島市は国道13号(山形秋田方面)と国道4号(宮城岩手方面)との分岐点であり交通の要所として発展した都市で、市街地の中心部を国道の現道が通過している市でもあります。


地理院地図より引用 一部加筆
水色線が国道の旧道にあたります。現在の4号が福島県庁の前を通り、そこから北進して上町で4号と13号とが分岐していましたが、その交点に道路元標が保存されています。


大正8年の旧道路法によって設置された福島市道路元標。
ここからがいわゆる栗子峠を経由して米沢に至る「万世大路」の起点になります。


福島市の中心市街地、銀行が並ぶ大町を抜けて栗子峠方面へ国道(当時は大正国道5号)は続いていました。

おまけ。


現道の13号に表示された案内標識。
実距離は三島通庸によって切り開かれた明治の荷車新道から相当に短くなっています。

2014年6月29日訪問
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]