忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

二級国道八戸仙台線女遊戸橋 (宮古市崎山)

仙台市より三陸の海岸沿いを北上し青森市までを結ぶ一般国道45号は、当初45号という番号ではなく、昭和28年に「111号」という路線番号で八戸仙台間の三陸沿岸を結ぶ二級国道として指定されています。

昭和38年に二級国道から一級国道に昇格し、その際に路線番号も45という若い番号に変更され建設省直轄国道として整備され現在に至っています。
(同様の例として仙台山形線の110号が48号に昇格などがあります)
 
一級国道昇格後改良が急速に進んだ45号ですが、改良前の旧道にあたる箇所に「二級国道」の銘が残る橋梁が難読地名で知られる女遊戸(おなっぺ)に残されています。


田老より宮古方面へ南下、小さな谷を縫うように進む旧国道にその橋梁はありました。


銘板には女遊戸橋。正式な地名は「宮古市崎山第5地割」なのですが、崎山の小字として女遊戸があります。(地割という区分も岩手県独特の地名表記のようです)


ひらがなで「おなっぺばし」ともありました。


さてその「二級国道」銘板ですが、


二級国道八戸仙台線
宮古市崎山字女遊戸

二級国道の場合は、111号という路線番号を示さず路線名の表示になっていたようです。


竣功は昭和35年8月。チリ地震津波(5月)の年です。三陸沿岸を繋ぐ道路はこの頃から整備が進んだのでしょう。一級国道昇格を経てようやく国道らしくなった45号は高規格道路の建設が急ピッチで進んでいます。

2014年8月12日訪問

場所はこちら


大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]