忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

米沢八湯と阿武隈川水系 (米沢市板谷)

米沢市には「米沢八湯」と呼ばれる秘湯が市内に点在し、その殆どが一軒宿として営業しています。そのうちの一つ、五色温泉を訪れました。


米沢街道(板谷街道)から山中へ入ること標高900mに位置する五色温泉の一軒宿「宗川旅館」。
日本秘湯を守る会の宿でもあります。

 
カシミール3D(1/200,000)より
米沢市と福島市の間には最上川水系/阿武隈川水系を分かつ中央分水界が存在しますが、米沢市域にあって五色温泉は阿武隈川水系に位置している点が特徴です。(上流部の滑川・姥湯も阿武隈川水系になります)


同様に板谷街道に沿って建設された奥羽本線板谷駅も阿武隈川水系に位置しています。
現在の13号でも県境の位置は板谷に存在します。

福島の町からは遠く、米沢の町から近いということもありますが、このあたりかつての街道筋の名残で県境(藩境)が定まったのかもしれません。板谷街道は栗子新道によってほぼ廃棄状態になっていますが、鉄路は当初から板谷峠が現役です。米沢福島間を結ぶ交通史は膨大にあります。


以下おまけ

最奥部の姥湯も以前から比べると訪問しやすくなりましたが、険しい山中にある秘湯に変わりありません。

露天風呂から溢れた酸性硫黄泉は阿武隈川を経由して太平洋へ流れます。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[09/15 Jack]
[09/08 名無しのリーク]
[08/19 情報漏洩]
[08/04 名無しのリーク]
[06/21 名無しのリーク]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]