忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

氷見駅の駅便 (氷見市伊勢大町)

(早月川河口の勾配と扇状地の地形のつづき)

北越号を高岡で下車、氷見線に乗り換えて氷見駅までやってきました。


高岡より16.5km、氷見線の終点氷見駅。大正元年に中越鉄道の軽便鉄道として開業した駅で、昭和33年に現在の駅舎になっています。


さて駅舎の先に別棟で駅便所がありました。
男女別の入口が対称の位置ではないようです。

  
正面より。


入口(男性用)を目隠しする衝立の裏側には手洗いの水道がありました。


改札内、ホームからも利用できる構造です。


裏側になる駅ホームの入口は一箇所。男女共用の構造でした。


内部は水洗に改築されたのか、比較的新しめの男性用水洗小便器。


建物財産標

駅便所
39-2001
昭和33年10月
A

氷見駅が改修された昭和33年の財産標が取り付けられていました。この駅便所もその当時の築のようです。

2014年9月13日訪問




PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]