忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

旧制指導標識「 重量制限 LOAD LIMIT 5t 」(村上市大沢)

(蒲萄峠を渡る  第五部大毎峠篇 その一 よりおまけ)

道路標識令によって昭和25年に制定され、昭和35年まで使用された旧制「指導標識」が、旧一級国道7号大毎峠付近に現存しています。


「一級国道7号」の銘が残る真佳木橋より大毎峠へ差し掛かる手前、山裾を渡る箇所にその旧制指導標識が残されていました。


赤いアンダーバーの描かれた「重量制限 5」と表示された旧制標識(403型)が横たわっています。


下には「LOAD LIMIT」でしょうか。5tの表示を確認できます。

 
山肌に横たわるように現存していた旧制標識。塩害等に蝕まれることなく、状態も良いものでした。


鋼管ではなくL字鋼の支柱は立木にのみ込まれていました。
一級国道指定の昭和27年以降昭和35年までに設置された標識は、旧道化した後に自然と倒れたのでしょうか、結果程度も良くこの位置で約60年も存在していたことになります。

一級国道でありながら5tという重量制限、鉄道が主流であった当時の物流事情と道路の立ち位置を今に残すのもです。


関連する記事
警戒標識「注意CAUTION」に取り付けられた反射板 (村上市勝木)





PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]