忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

内楽橋 (沼田市利根町老神)

老神温泉郷を流れる片品川の渓谷に「内楽橋」という小さな吊り橋が架けられていました。


老神温泉の温泉街(奥)と片品川の対岸(左岸・手前)に架かる吊り橋。


橙色が映える鋼鉄製の主塔は特に装飾もないシンプルなものです。


内楽橋と書いて「ないらくはし」


昭和39年7月竣功 銘板は橋名(漢字と仮名)と竣功年、河川名のみでした。


メインケーブルを一本に集める主塔。


左右7本のメインケーブルがアンカレッジによって支えられていました。



メインケーブルを束ねるハンガーのブラケット。


椎坂峠・園原ダムをはさんで片品川の上流部は老神までV字の谷が続きます。



   
温泉街側の入口には高さ制限2mでしょうか、2.5mでしょうか。途中で書き換えられた形跡がありました。


重量制限9tはかつての二等橋の活荷重ですが、おそらく当初の府県道時代の自動車荷重によるものでしょう。現在は群馬県道277号老神温泉線という路線名が指定されています。


場所はこちら

大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]