忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

姥湯の索道 (米沢市大沢姥湯)

阿武隈川水系となる米沢八湯の最奥部、板谷より登ること標高1300mに位置する秘湯の一軒宿姥湯温泉「枡形屋」には、宿までの沢を渡る箇所に索道があり、主に宿泊客の手荷物や宿の食材等を運ぶために古くから利用されているようです。

 
最奥地の一軒宿姥湯温泉。背後には大日岳の旧噴火口に湧出する含硫黄酸性泉の源泉と露天風呂というロケーション。


この日の宿泊客の荷物を積んだ「籠」が、対岸より索道を伝ってくる場面を見ることが出来ました。


索道を伝った籠が宿の入口に届き、荷物を運ぶようです。


沢の対岸までは高低差がいくらかあります。



メインケーブルからぶら下がる簡単な構造の籠。前後に固定されたワイヤーを引っ張ることによって動かしているようです。


メインケーブルが張られた対岸。ここから籠に載せて宿に運ぶ仕組みでした。


滑車を介してワイヤーを巻き取る装置で籠を動かすようですが、

 
エンジンでも電動でもなさそうなのですが、動力は手動なのでしょうか。

2015年4月28日訪問
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]