忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

信越線(えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン)白田切川橋りょう (妙高市田切) #暫定単線

明治初頭に直江津から建設されていった信越線は、全線が複線化される計画ではありましたが、高崎-長野間および直江津-新潟間に関しては複線化されたものの、輸送密度の関係もあって長野-直江津間に於いて全線の複線化が行われず、部分的な複線と単線での運用にとどまっています。
その中で、複線化の構造物でありながら単線での運用という箇所が存在するのですが、
信越線戸草隧道 #暫定単線 (信濃町富濃)
妙高高原-関山間にも「複線化でありながら単線」の構造物が存在します。


複線規格のトラス橋である白田切川橋りょう。


レールは上り方面(右)にのみ敷かれ、本来の下り方面(左)は橋梁の床板がむき出しの状態。

この白田切川橋りょうは、昭和53年の水害によって元々あった橋梁が土石流災害によって流出し、仮復旧後河川改修に伴い改めて昭和57年に架けられたもので、その際に将来の複線化を見越したというもののようです。



参考・新潟県上越地域振興局妙高砂防事務所HPより
白田切川土石流災害

※ここでは、仮復旧に関する記事は割愛いたします。詳しくは磐越西線深戸橋梁を検索ください。


ちょうどET127系電車が通過したところでした。


PR

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]