忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

米坂線国道七号線踏切 (村上市藤沢) #大正國道10号

米坂線が坂町駅を出て最初に道路、旧七号を跨ぐ踏切に「国道七号線踏切」という名称が付いています。文字通り国道七号を跨ぐ位置のためその名称が付けられたのでしょう。


米坂線自体は横断路であるため、縦貫路である国道七号とは直交するために一度しか交差しません。


踏切番号は米沢起点で61番と付けられています。

 
米沢起点90.2kmを示すポスト。

 
正確には90K201Mとあります。

この踏切が「国道七号踏切」という名称が付けられているのは、この道が国道七号だったからという理由なのですが、最初から七号というわけではなく、当初米坂線(米坂西線)が開通した1931年(昭和6年)の時点では国道十号という路線番号でした。
※国道は〇〇号線とは呼ばずに〇〇号と「線」を付けません

 
国土地理院空中写真サービス USA-R1148-34 (1948) より
坂町駅より東へ分岐する米坂線と、羽越線と並行して南北に走る当時の国道十号。

 
1952年(昭和27年)に、新道路法によって国道十号は国道七号と路線番号が変更となりますが、現在の国道七号のルートが一次改築として新規に開通したのが1966年(昭和41年)ですので、この踏切が「国道七号」だったのはわずか14年ほどということでしょうか。

踏切道は名称を変更せずそのまま当初の名称、古い地名や街道名をそのまま残すケースが多いのですが、国道十号から国道七号と変更になった際に踏切名称を変更したのだと思われます。
現在のこの踏切も、旧七号時代から拡幅改良されていますが名称がそのまま「国道七号線踏切」のままです。

踏切道自体が新設されることはまず稀で、立体交差化等で数を減らしています。そんな理由もあってか踏切道の記録は残りづらいのかもしれません。


参考・国道十号


2
018年10月1日
PR

カレンダー

02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]