忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

佐和山隧道彦根口扁額の一文字目 (彦根市古沢町)

彦根と鳥居本との間に聳える石田三成の居城で知られる佐和山。ここに8号は昭和30年に開通した佐和山隧道を以て貫いていますが、大正13年に完成した旧佐和山隧道が西側に眠っています。


彦根口より。右(西)から現一般国道8号佐和山隧道、中央は歩道用として後に建設されたトンネル、左(東側)に続く道が旧佐和山隧道への入口となります。


薮を掻き分け進むと、その隧道の坑門が現れます。


煉瓦+石造りの重厚な構え。村田鶴の設計によるものです。
※村田鶴に関しては、永冨さんの"道"を拓いた偉人伝(イカロス出版)を参照下さい。私も僅かながら協力させていただきました。
  

当時の滋賀県知事、堀田義次郎による揮毫。扁額には「門妙玄●」と掲げられています。


さてこの一文字目、「容」と読んで「容玄妙門」容(かたち)、玄妙ナル門のような意と捉えたのですが果たして明確な答えは何になるのでしょうか。金文辞典等篆書の資料を調べましたが、似た字にたどり着けずじまいです。


※佐和山隧道に関しては、永冨さんの旧道俱楽部を参照下さい。

場所はこちら

大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]