忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

逢坂のねじりまんぽ暗渠・音羽台1号橋 #廃線跡国道 (大津市逢坂)

古来より街道・道路・鉄路の大動脈である東海道。大津と京との間にある逢坂山は、都へ入る最後の難所として、幾筋の道が通されてきました。

日本の鉄道の歴史で最初の隧道が明治13年に竣工した逢坂山隧道なのですが、勾配(25‰)の問題もあり輸送力に限界があることから、現在の東海道線新逢坂山隧道(大正10年竣工)が北寄りの場所に新線として開通しています。


東海道新線の開通によって開業した現在の大津駅の南側を通る東海道・国道1号。


道路の北側(右側)が当初の東海道線でした。新線の開通後に、国道1号として道路転用されたようです。おそらく旧線敷を利用した廃線跡国道としては最初なのではないでしょうか。



道路は鉄路の時代より築堤上を通っており、地形に対して水平であったり直線的な線形であることが、かつての東海道線を想像させます。


明治13年の鉄路開通当初から存在するであろう暗渠水路がありました。



音羽台1号橋という名称のようです。

   
煉瓦造りの内部はねじりまんぽ構造となっていました。

決して日の当たらない暗渠水路にも、当時の技術や知恵がふんだんに使用され、構造が現役として今に残されていることが貴重なものです。

2013年11月29日訪問

場所はこちら


大きな地図で見る


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]