忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

E653系1000番台のグリーン車 (秋田市中通)

常磐線で「フレッシュひたち」号として運用されていたJR東日本E653系電車が、羽越線の485系置き換えで「いなほ」号として転用されましたが、その最大の目玉は7両編成中の秋田寄1号車をそのまま「クロ」に改装してグリーン車にするというものでした。

かつてはキハ80系気動車特急「いなほ」号の間合いで「ひたち」号が運行されていたこともあり、いなほ号とひたち号は縁のある関係が今も続いている格好です。
(ひたちの運用が終わった勝田車の485系が上沼垂に転属していなほ号になったことがあります)

塗装を含めなにかと話題の「クロ」に乗るため秋田を訪れています。


秋田駅に入線したE653系1000番台「リニューアル車両で運転」いなほ8号。
「hitachi express」と銘が入っていた中央部は無地のようです。


先頭車両の側面中央部には夕陽をモチーフにした赤がアクセントになっています。


 
乗車したのはクロE652-1003
既に3編成が改装されたようです。2014年夏を目途に、定期運用のいなほ号がE653-1000番台での運行となるようです。


さて車内ですが、車端部にはラウンジスペースがあります。グリーン車利用者専用でしょう、海側は窓方向を向く配置でした。


E657系やE6系は4列の配置ですが、このE653系1000番台のグリーン車は2+1の配置でした。


二列分の窓の位置で一列を占める配置。


全18席というかなり贅沢な配置なのですが、細部を見るとやや残念な場所がいくつかありました。最低限の改装なのかなあ、という印象です。

秋田へはE6系のグリーン車で向かったのですが、それと比べると(比べてはいけないのですが)・・・という感想でした。

細かい点は良いとして、この改装はJRとしての羽越線に対する考え方の方向なのでしょう、ととらえています。
実現化は未定ですが、いつか上越新幹線直通軌間可変電車が導入される未来までの繋ぎなのかもしれません。
※『鉄道の未来予想図』(土屋武之著・実業之日本社)より


485系電車、そしてキハ40系気動車。私と同世代に生まれ今まで現役であった車両は間もなく羽越線から姿を消します。

2013年12月29日乗車

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]