忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

煉瓦ねじりまんぽ構造の東海道線甲大門西橋りょう (大垣市新開町)

いわゆる「ねじりまんぽ」構造は西日本に多く、東日本ではほぼ見かけることができない土木構造です。

著名なもので比較的観察がしやすい「ねじりまんぽ」が大垣にあるとのことで、見学に行ってみました。


官設鉄道として大垣-加納(岐阜)間が明治20年に完成していますが、その途中、揖斐川を渡る橋梁の築堤部に設けられた「橋梁」です。


明治20年の煉瓦構造物。古さを感じさせないほどに綺麗なものでした。


東京から407k062M76地点
「甲大門西橋りょう」が正式な名称となっています。


鉄路とは直角に交わらずに、斜めに作られている点が「ねじりまんぽ構造」の特徴で、力学的な分散を目的としたのもです。

特に巻き部の煉瓦積みに見どころがあります。


斜め方向に積み上げるために煉瓦が少しずつずらしてあります。

 
天井部の捻りが見事でした。

  


2013年6月22日訪問

場所はこちら 樽見鉄道東大垣駅すぐ

大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]