忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

紀勢線熊野市駅 (熊野市井戸町)

木本隧道の続き

紀伊半島の南部、牟婁地域には中核となる大きな町が無く(しいて言えば新宮)、熊野市も昭和29年の「昭和の大合併」で誕生した市です。

その中心となる南牟婁郡木本(きのもと)も決して規模の大きな町というわけではありませんでしたが、牟婁地域東部にあたる奥熊野地方の代官所が設置されたこともあり、木本町は行政の中心としての役割を持っていたようです。


木本隧道から山を下り、すぐに木本の町へ出ます。街道(旧一級国道42号・二級国道170号)に沿った木本商店街を通り過ぎると、紀勢線熊野市駅に到着します。

昭和15年に開業した駅ですが、当初は「紀伊木本駅」でした。紀勢線全通の昭和34年に現在の熊野市駅に改称しています。

切妻の三角屋根の青い縁と、赤い母屋の屋根が印象的な「国鉄の駅」といったところでしょうか。


ホームの屋根は木製の柱が支えていました。その奥に古レールを使用した跨線橋。



跨線橋の屋根部は古レールを曲げて梁としていました。


駅舎の裏側(列車から見ると正面になる)は、ホーム屋根の上部は「見えない」場所とあって、思いのほか地味なものです。



ホームには熊野市特産・那智黒石(多量の炭素を含む新第三紀熊野層群の粘板岩)の展示がありました。


駅前で調達しためはりずしを手に、熊野市駅から(ワイドビュー)南紀号で2泊3日で大阪廻りの紀伊半島一周旅から帰路についています。


2013年12月1日乗車


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]