忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

羽州街道鳥上坂 (南陽市赤湯)



最上川本流の盆地である置賜盆地と、その支流で、上山の盆地を作り出す須川水系の前川によって刻まれた谷との間を羽州街道・奥羽本線が通っていますが、置賜盆地と上山盆地との境に「鳥上坂」(とりあげさか)という比較的なだらかな分水界があります。



現一般国道13号に並行して奥羽本線(山形新幹線)が通っていますが、赤湯側より坂の入口に鉄路の下を潜る架道橋があります。



「羽州街道架道橋」「鳥上坂隧道」などと呼ばれている煉瓦造りの架道橋です。
奥羽本線が明治34年の赤湯-上ノ山間延伸時に建設されたものでした。


架道橋を潜り、再度鉄路と並行に「鳥上坂」を上る道。現道の旧道に当たる道路ですが、その歴史は明治10年代の三島県令による新道開鑿まで遡ります。


旧道側の架道橋の構え。いかにも明治期らしい重厚な煉瓦造りと迫力あるピラスターが目を引きました。


ここから一直線に坂を駆け上がります。昭和10年に再改修された道路ですが、道としての規格は現代でも十分に通じるものでした。


新道開鑿で切通しとなった場所。三島通庸はあくまで直線にこだわって道を施させていますが、この鳥上坂もその一つでしょう。三島県令の手腕によって開鑿された新道をそのまま踏襲して、昭和の改修が行われています。


切通し部の岩肌に昭和の改修時の銘板が埋め込まれていました。


國道五号線 鳥上坂 昭和十年七月竣功

国道五号とは、大正国道五号線のことで、東京市日本橋より福島市を経由、現13号に沿って秋田市、そこから現7号で大館弘前と経由して青森県庁までの路線です。


ところで号の異体字ですが、ここでも「号」+「乕」が使用されているようです。

関連する記事

本澤川に架かる今井橋 #大正國道10号 (中野市上今井)
大正国道九号・清水橋 (高崎市飯塚町)


2012年8月12日訪問
 
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]