忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東海道線逢坂山隧道【前編】 (大津市逢坂)

2013年11月の大阪行きで目的の一つだったのが、東海道線旧逢坂山隧道の訪問でした。


現国道1号と旧1号(現161号)とが合流するポイントの位置に並行して、東海道線旧逢坂山隧道の東側坑門が保存されています。(西側は名神高速の建設に伴い封鎖されています)


国道を横断した先に石造りの構造物が見え始めます。


JRが設置した、鉄道記念物としての案内がありました。


旧逢坂山隧道東口。明治13年、鉄道黎明期に於いて、日本人技術者のみで建設された最初の隧道構造物です。


ポータルの石の大きさに目を引かれるものがありました。
現在、隧道の内部は京都大学防災研究所の地震予知研究センター逢坂山観測所として利用されています。


扁額は太政大臣三条実美による「樂成頼功」

 
明治31年に複線化・増線されたもう一本の隧道。


大正10年に現在の新逢坂山隧道ルートに変更されるまでの間、東海道線の鉄路が敷かれていました。

【後編】へ続く

場所はこちら


大きな地図で見る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]