忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旧一級国道19号鳥居隧道 (塩尻市奈良井)

信濃川水系と木曽川水系の「中央分水界」を分ける中山道鳥居峠。東西を結ぶの主要街道の難所として聳えた峠ですが、道路として短命に終わった旧一級国道19号鳥居隧道が入口を封鎖された状態で残っています。


昭和30年開通、現新鳥居トンネル開通に伴い昭和53年旧道化した鳥居隧道。コンクリートで坑内の入口を封鎖されていました。
高さ4.2m、幅員は有効5mほどでしょうか。大型車では隧道内で離合できない寸法です。


峠部の最短距離を隧道化したため、出口ですぐ折れるルートを取る点が、古い時代の道路の特徴的な部分でもあります。


コンクリートブロック組みの坑門は、どこか明治から続く隧道の意匠を引き継いでいるように見えました。


それまでの道路は、明治23年の「七道開鑿」で荷車道化された明治新道鳥居峠。隧道の無い峠越えの道ですが、「国道」(明治国道14号、大正国道7号、一級国道19号)であったこともあり、緩い勾配と充分な幅員を持った道が続きます。



藪原側の入口も同様の封鎖をされていました。

峠の隧道化は願われたものですが、急速なモータリゼーション化と車両の大型化により、狭小であったが為に竣功してほどなく現在の新鳥居トンネルが新ルートとして建設されました。中央西線とも並行していることから、物流の中心は鉄道であった時代です。

一級国道であったことが裏目になったのか、早くから隧道化されてしまったために寸法がその後の交通事情に合わず短命に終わった隧道は他にも例があります。


カシミール3Dより 


2013年5月18日訪問

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[09/15 Jack]
[09/08 名無しのリーク]
[08/19 情報漏洩]
[08/04 名無しのリーク]
[06/21 名無しのリーク]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]