忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東武熊谷線キハ2002「カメ」号 (熊谷市妻沼東)

熊谷駅と太田の軍事施設とを結ぶ「軍需路線」として昭和18年に妻沼まで部分開業し、終戦を迎えたことにより結果として現東武小泉線西小泉駅までの延伸叶わず昭和58年(上越新幹線開業の年)に廃止となった東武熊谷線という東武鉄道の非電化路線がありましたが、ここで使用されていたキハ2002が妻沼中央公民館に隣接する展示館に1両保存されています。


終点「妻沼駅」にほど近い場所に見える状態で展示されていました。


昭和29年東急車輌(現JTREC)製
キハ2000形は東武熊谷線専用の3両のみの製造とのことです。


車内を見学することが出来ました。


非常に狭いクロスシートが並びます。


車端部に優先席があったようです。


その脇に運転台。

「カメ」号という名の由来は、当初の蒸気機関車での運行が非常に非力で遅かったことに由来しており、その後この気動車による無煙化で一時期は「特急カメ」号の愛称があったそうですが、最高時速65km/hということもあり、のちに鈍足な「カメ」号に戻って廃止を迎えたとのことだそうです。

元々軍需路線ということもあり、国鉄熊谷駅と中島飛行機はじめとする太田の軍需産業地区とを直線状に結ぶ計画であったため、終戦後未完に終わった熊谷妻沼間の旅客需要は乏しく最後まで赤字額の大きな路線であったそうですが、仮に完成していたらそれなりの効果はあったのかもしれません。

廃線跡及び未成区間のレポはまた後日。

2014年4月5日訪問


大きな地図で見る


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]