忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

篠ノ井線第一白坂隧道・第三白坂隧道 #暫定単線 (安曇野市明科中川手)

複線新線を建設したものの、暫定で単線として使用している路線が存在します。

篠ノ井線明科-西条間がその一例で、明治33年に建設された潮沢川沿いを渡る当初のルートが地辷り地帯であることから、改めて山側に隧道3本で直線的に貫く新ルートを建設し昭和63年に切り替えられています。


明科駅から会田川を高架橋で渡って第一白坂隧道へと進む篠ノ井線。
昭和63年に旧線から切り替えられた新線です。


このように複線構造でありながら単線分のレールのみ敷かれている状態で現在に至っています。


西条駅側より。
同様に複線路盤でありながら単線となっており、レールが敷かれていない空間が残されています。


第二白坂隧道を挟んで第三白坂隧道。
複線断面ながら片側だけにレールがあることが異様なものです。

この区間、篠ノ井線の複線化計画とは別に地辷り対策の新線として建設されたようですが、昭和63年の完成・切り替えと比較的遅く、国鉄民営化後になります。
実際に単線でも十分に需要はまかなえるものですが、国鉄再建法以降の建設凍結に絡んだ案件なのでしょう。特にこの明科-西条間は複線化の構造物ほぼすべてが完成しながら単線になっている箇所です。このような例は長野県内だけでも3区間存在しています。

関連する記事
信越線戸草隧道 (信濃町富濃)
中央西線第2奈良井川橋りょう (塩尻市贄川)
中央西線新権現隧道 (塩尻市贄川)

おまけ

昭和63年までの旧線跡の一部は遊歩道化されており、旧篠ノ井線の雰囲気を味わうことが出来ます。



2012年11月10日訪問
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]