忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

信越線車場川橋梁のねじりまんぽ (新潟市秋葉区車場)

東日本では数少ない「ねじりまんぽ」構造が信越線にあるとのことで訪れてみました。

信越線荻川-亀田間、荻川駅を下ってすぐ築堤が小阿賀野川を渡る手前に、車場川(くるまばがわ)橋梁という道路を跨ぐアーチ型の橋梁があります。


車場川橋梁。高さ制限2.3m、幅員も自動車1台分でしょうか。


石積みの法面の奥に、アーチ部が煉瓦構造となっているのが見えます。


アーチ橋梁内壁の煉瓦積が斜行しています。斜拱渠、いわゆるねじりまんぽ構造です。


巻部のみが煉瓦で構成されているようです。


側面からだと、煉瓦の斜行がよく観察できます。


反対側(東側)より。こちらはコンクリートなのですが、これは信越線が複線化された昭和35年に増築されたものでしょう。


このねじりまんぽ、天井がコンクリートで補修されているようです。


明治30年の信越線(北越鉄道)開通時の単線部が煉瓦+石積構造、その後の増線部がコンクリート構造となっていました。
補修の為とはいえちょっともったいない気もします。

2014年5月1日訪問

場所はこちら

大きな地図で見る

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]