忍者ブログ

第三渡辺ふれあい文録

おでかけ日記

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

和倉温泉のバスのりばとタクシー営業所 (七尾市和倉町)

(わくライナー搭乗記の手前)

和倉の温泉街より少し奥に入ったところに、北鉄バスのりばの建物があるのですが、あくまで北鉄バスのターミナルであり、前項の加越能バスによる「わくライナー」は会社が異なるのでこののりばには発着しません。


どちらかといえば地域の足としてのバスのりばのようです。
金沢から和倉を結ぶ特急バスも一日2往復だけであり、「和倉温泉へは七尾線の優等列車と宿の送迎」というものがほとんどなのでしょう。

 
このバスのりば以外のバス停には3社のポール(バス停ポール)が並んでいます。


バスのりばから道を挟んで石川交通のタクシー営業所と車庫がありました。
石川交通は石川県下最大手のタクシー会社とのことで、北陸鉄道と同様に名鉄グループになるようです。


横一列切妻の瓦屋根が特徴。
専ら宿と駅の連絡が主になるのでしょうか。能登観光コース一覧が掲示されています。

2015年3月28日入湯

PR

わくライナー搭乗記 (七尾市和倉町)

(氷見駅の駅便の続編)

前回の北陸紀行で未訪問となった和倉を訪れています。
今回の目的は、北陸新幹線開業に伴い、加越能バスが新規で運行を開始した和倉温泉-新高岡駅・高岡駅間のバスに乗車するというものです。


和倉といえば石川県内でも山代と並ぶ集客数を誇る温泉地であり、加賀屋(正面奥に並ぶ2つの建物)に代表される「高級志向」の大規模旅館が七尾湾沿いに立ち並びます。


和倉への公共交通機関でのアクセスは、専ら七尾線和倉温泉駅(但し優等列車のみ乗り入れ)より各宿からの送迎という形が主。徒歩でも2.5kmほどなので歩ける距離ではあります。(この日は歩きました)
関連する記事 加賀温泉駅の立地

  
行きは金沢駅でIRいしかわ鉄道線経由七尾線内のみの連絡特急を利用しています。
大阪より直通となる便はサンダーバード1往復のみとなったようです。(2015年3月ダイヤ改正時)

  
さて「わくライナー」、和倉温泉-七尾駅前-道の駅氷見(氷見番屋街)-新高岡駅-高岡駅を一日4往復連絡する便ですが、北陸新幹線開業に合わせて一般国道470号能越道・七尾氷見道路が開通したことにより新期で設定された路線バスです。


途中道の駅氷見に立ち寄り、順調に高岡ICへ。


無事に新高岡駅へ到着。土曜日でしたが乗客は数えるほど。まだバスの便そのものが知られていないということもありますが、和倉という温泉地の立地の性格から見ると仕方のない数字かもしれません。便もよく、観光地としての金沢との組み合わせになってしまうのでしょう。


東海北陸道・能越道にほど近い新高岡駅は、「飛越能」の入口という触れ込みでした。
手前のバスは白川郷方面行きです。新高岡駅の立ち位置としてこれから浸透してゆくのでしょう。 


以下おまけ

東海北陸道の沿線からもすこし離れている下呂はちょっと無理がある気が。

2015年3月28日入湯

ブログ更新してません (品川区五反田)

※事情により一時的にブログを更新できていません。しばらくお待ちください。

現在「鉄道に関する」記事と「海上交通に関する」記事の原稿を作成中です。前者はだいたい目途が立ちましたが、後者はこれからまとめに入るといった進捗状況です。もちろん上記だけのネタではなく、漁業水産業のネタに触れる予定です。

なおどちらも当ブログ内の記事とは無関係なものです。


2015年3月1日に首都高中央環状品川線山手トンネルウォークに行ってきました。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

twitter

P R

アクセス解析

最新コメント

[01/29 誰かさん]
[07/11 わたなべ]
[07/11 いしぐろ]

最新トラックバック

Copyright ©  -- 第三渡辺ふれあい文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]